​英訳サンプル 1

iスキャンの全般的な精度は、顕著な絨毛萎縮パターンの検出で100%であった一方、部分的な絨毛萎縮または正常な絨毛パターンでは90%であった。 

For i-scan, an overall accuracy of 100% was demonstrated for the detection of marked villous atrophy patterns, whereas the accuracy was 90% for determination of partial villous atrophy or normal villous patterns.

白色光の内視鏡検査では、十二指腸の断続的かつ表面的な紅斑を呈する淡黄色の長軟毛粘膜が明らかとなった一方、iスキャンでは、リンパ液を示す白色物質で満たされた水腫状および充血状態の十二指腸絨毛も明らかとなった。

White-light endoscopy revealed pale yellow, shaggy mucosa with intermittent, superficial, erythematous eroded patches of the duodenum, whereas i-scan additionally revealed edematous and engorged duodenal villi filled with a white material representing lymph.

さらに、115の光学倍率の内視鏡を用いた過去の試験で、ウィップル病に特有とされてきた粘膜の同心輪紋が視認可能であった。

Moreover, concentric rings of the mucosa were visible, which have been identified to be specific for Whipple’s disease in previous studies using optical magni- fication endoscopy with 115-fold magnification.

最近行われた別の多施設試験では熟練の内視鏡検査技師8名が参加し、iスキャンを用いた大腸ポリープの表面と境界の視覚化と、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープの識別における観察者間一致を評価した。

Another recent multicenter study including eight expert endoscopists assessed interobserver agreement in the visualization of the surfaces and margins of colorectal polyps and in distinguishing neoplastic from non-neoplastic polyps by using i-scan.

合計で400の画像が分析用に保存された。腫瘍性組織と非腫瘍性組織の識別は、工藤のピットパターン分類に基づいて行われ、その際にはパターンIおよびIIが非腫瘍性病変、パターンIII、IV、およびVが腫瘍性病変とされた(IIIおよびIVは腺腫性、 Vは癌腫)。

A total of 400 images were stored for analysis. Distinction between neoplastic and non-neoplastic tissue was based on Kudo’s pit pattern classification, considering patterns I and II as non-neoplastic lesions and patterns III, IV and V as neoplastic lesions (III and IV as adenomatous and V as carcinomas).

全般的に、ピットパターンと境界に関するカッパ一致度はそれぞれ0.370 (P < 0.001) および 0.306 (P < 0.001)であった。腫瘍性と非腫瘍性との差異に関するカッパ一致度は0.446 (P < 0.001)であった。

Overall, there was a kappa agreement of 0.370 (P < 0.001) and 0.306 (P < 0.001) regarding pit pattern and margins, respectively. The kappa agreement for the differentiation between neoplastic and non-neoplastic lesions was 0.446 (P < 0.001).

そのため、腫瘍性および非腫瘍性病変の評価に関する観察者間の一致は良好であり、ピットパターンと境界の評価に関する一致度はそれほど良好ではなかった。この研究者らの結論によると、iスキャン技術で得られた画像の解釈には十分な訓練が必要である。

Accordingly, a good interobserver agreement was observed for the evaluation of neoplastic and non-neoplastic lesions and a less good agreement for the evaluation of pit pattern and margins. The authors concluded that adequate training is required in order to interpret images acquired with the i-scan technique.

所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.