​英訳サンプル 6

細胞のセネッセンスは、がんの潜在的な原因となるイベントに対する正常細胞の反応である。
Cellular senescence is a response of normal cells to potentially cancer-causing events.

 


複製セネッセンスとはセネッセンス細胞のサブセットであり、これが増殖中に停止すると細胞分裂数が多くなる(ヘイフリック限界では一般的に 40~60回の細胞分裂が生じる)。
The term replicative senescence identifies the subset of senescent cells whose arrest in proliferation is associated with their high number of cell divisions (the Hayflick limit – typically between 40 And 60 cell division).

 

 

複製セネッセンスのメカニズムではそれぞれの分裂期が関与し、染色体のテロメア領域が短くなる結果として、累積的な臨界長が生じてDNA複製装置がサポートを受けられなくなる。
The mechanism for replicative senescence involves each division resulting in a shortening of the telomere region of chromosomes such that a cumulative critical length is reached that does not support the DNA replication machinery.

 


セネッセンス細胞は細胞分裂の不可逆的な停止や機能の変化を示し、場合によってはアポトーシスへの耐性を示すことがある。セネッセンスの誘発因子はテロメアの短縮以外に、DNA損傷、がん遺伝子の発現、および分裂促進シグナル[43]、テロメア依存性経路(細胞骨格、インターフェロン関連、およびインスリン様成長因子(IGF)関連、MAPキナーゼと酸化ストレスの経路)などがある[44]。
Senescent cells exhibit an irreversible arrest of cell proliferation, an altered function and in some cases a resistance to apoptosis. Besides telomere shortening, inducers of senescence include DNA damage, oncogene expression, and supermitogenic signals and telomere-independent pathways which include: cytoskeletal, interferon-related, insulinlike growth factor (IGF)-related, MAP kinase and oxidative stress pathways.

 

 

細胞分裂の停止は、細胞周期の停止をもたらすサイクリン依存性キナーゼ阻害因子p16およびp21の誘発によって開始および維持される。
The arrest in proliferation is imposed and maintained on cells by the induction of cyclin-dependent kinase inhibitors p16 and p21 that implement cell cycle arrest.

 


セネッセンス細胞は年齢に関連した病変部で加齢とともに蓄積していく。セネッセンスの表現型(たとえばIL-6の分泌など)は、正常な老化で確認される炎症性状態に寄与し、その状態をフレイルティで悪化させる可能性がある。
Senescent cells accumulate with age and at sites of age-related pathology. The senescent phenotype (e.g. secretion of IL-6) may be contributory to the pro-inflammatory state observed in normal aging and that is exacerbated in frailty.

 


細胞のセネッセンスと加齢を結び付け得るエビデンスが得られたため、生体の加齢に対する細胞(複製)セネッセンスの寄与に関しては議論がますます活発に行われるようになった。
The contribution of cellular (replicative) senescence to organismal aging has been controversial, though increasingly; evidence appears to link cellular senescence and aging.

所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.