​英訳サンプル 2

広範囲に及ぶ感染症は生命を脅かしたり、手足の障害をもたらしたりする可能性があるため、積極的な治療を必要とする。全身性感染症の臨床的徴候を認めた場合には血液を培養し、全身を対象とした適切な抗菌治療を迅速に行う必要がある。

The presence of spreading infection is potentially life and/or limb threatening and so requires aggressive treatment. Individuals demonstrating clinical signs of systemic infection should have blood cultures taken and appropriate systemic antibiotic therapy should be implemented immediately.

 

抗生剤は経口投与または非経口投与であるが、局所投与することもある。その多くは細菌機能や成長過程を標的とすることで細菌数を減少させる。特定の菌株や菌種のみに作用する抗生物質を用いるため、抗生剤の作用域は比較的狭い。しかし、次のような使用上の問題もある。
Antibiotics are administered orally, parenterally and in some cases, topically. Most reduce bacterial numbers by targeting bacterial functions or growth processes.They have a relatively narrow band of effectiveness, with particular antibiotics being needed to treat specific species or strains of bacteria. However, there are problems with their use.

 

全身投与用の抗生剤は患者全体を治療するものであり、創傷部のみを対象としていない。そのため、正常細菌叢に影響を及ぼし、クロストリジウム・ディフィシレ(C. ディフィシレ)感染などの全身合併症や副作用を引き起こすことが多い。

Systemic antibiotics treat the whole patient, not just the wound. Therefore, they can affect normal flora, leading to unpleasant side effects and systemic complications such as Clostridium difficile (C.difficile) infections.



感染部位に到達するには十分な血液供給を必要とするため、創部の壊死組織量が多い場合や、患者が動脈疾患を呈している場合には効果的でないことがある。

They require an adequate blood supply to reach the point of infection and so may be ineffective in treating wounds with high amounts of debris or in patients with underlying arterial disease.



抗生剤への耐性は深刻な問題である。抗生剤の広範かつ無計画な使用は薬剤耐性菌発生の主要因であり、多くの全身感染症に対する治療選択肢を減らしてきた。新しい抗菌治療の選択肢が緊急に必要とされているが、新しい抗生剤の開発は行われていない。これは新興国と先進国の両方で一触即発の状況を生む。

Antibiotic resistance is a serious problem . Widespread, indiscriminate use of antibiotics is a major factor in the emergence of drug-resistant bacteria which has reduced the treatment options for many systemic infections. New antibiotic options are urgently needed, but no new antibiotic preparations are in development; this is a potential time-bomb for both emerging nations and the developed world. 



局所投与用の抗生剤は遅延型過敏反応を引き起こすことが多い。

Topical antibiotics can provoke delayed hypersensitivity reactions.



全身投与用の抗生剤は、バイオフィルムのコロニーに対する効果が限定的である。

Systemic antibiotics have limited effect on biofilm colonies.

所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.