MVP™ Micro Vascular PlugシステムのFDA 510(k)承認

Reverse Medical Corporationが本日、末梢血管塞栓患者を対象としたMVP™ Micro Vascular PlugシステムのFDA 510(k)承認を発表しました。MVPシステムの使用目的は末梢血管系の血流速度を低下させることにあります。...

北京で開催された翻訳&通訳大会

北京で言語文化大学が第3回国際翻訳通訳大会を主催しました。今年は10以上の国や地域から出場者が集まりました。 脚光を浴びることの少ない話し手にスポットライトを当てたこの大会では、6人の若者が北京の最終リーグにまで登りつめました。総出場者は1000人以上であり、北京大会までの...

最新のGoogle X「Moon shot」プログラムはすでに24言語を翻訳

Google社の共同創業者であるLarry Page は、自身の会社が超人気の検索エンジン、携帯電話システム、もっとも認知度の高い眼鏡を所有することに満足していません。 そういうわけで彼はGoogle Xを開始しました。これはSF映画や「moon...

人工咽頭の移植に成功:ProTip社とStrasbourg大学病院

咽頭部機能障害の患者を対象とした革新的な医療機器の開発会社であるProTip SASと、Strasbourg大学病院は、患者に対する人工咽頭(artificial larynx)の移植に成功したことを発表しました。 2012年6月、Strasbourg大学病院ENT部のCh...

NovoPen Echo®(インスリン注入器)のFDA認可を獲得

糖尿病治療分野の世界的リーダーであるノボノルディスク社は21日、FDAからインスリン注入器「NovoPen Echo®」の認可を受けたことを発表しました。これはhalf-unit投与を可能にしたものであり、さらに前回の注射から経過した時間と投与量を記録するメモリー機能を搭載...

CorlanorにFDA承認

April 15, 2015 -- The U.S. Food and Drug Administration today approved Corlanor (ivabradine) to reduce hospitalization from worsening...

マイクロソフトのPower BI と翻訳Office

マイクロソフトに対するここ最近の注目は表面タブレットに関わるものですが、同社はMicrosoft Officeの新しいツールもこっそりデビューさせています。 マイクロソフトは、とくにMicrosoft Translator...

ダウン症患者を対象に初の臨床試験:治験薬はアルツハイマー治療薬のアリセプト

ダウン症の成人患者の一部では、日常生活を送るのに必要な能力が低下する事例が確認されています。製薬会社エーザイはこれらの患者を対象にした治験を8月に実施し、QOL改善の可否を調査することが明らかとなりました。 臨床試験に使用するのは、同社が既に販売しているアルツハイマー治療薬...

Smartling社のクラウド翻訳サービス

世界的企業を経営することはウエブのおかげでそれほど難しくなくなりましたが、言語関連のビジネスは例外です。 強力なクラウド翻訳技術の開発で有名なSmartling社は本日、 大口の顧客獲得に力を入れるためにTenaya Capitalから2400万ドルの追加資金提供を受けたと...

ProAir RespiClick

What is albuterol inhalation? アルブテロール吸入薬とはなにか Albuterol is a bronchodilator that relaxes muscles in the airways and increases air flow to...

2014~2020年の世界的な言語翻訳ソフトウェアのマーケットシェアと戦略、展望

最終的に収集された情報のローカライズをサポートするため、言語翻訳ソフトウェアシステムが導入されていることから、世界市場は継続的な成長を遂げる態勢にあります。 エンタープライズサーバーは画期的な出来事の後に念願の目標を達成しました。言語翻訳ソフトウェア技術が成熟したことにより...

Elvitegravir(HIV治療薬)

Gilead Sciences社は本日、コビシスタット(cobicistat)の新薬申請がFDAにより受理されたと発表しました。同薬はプロテアーゼ阻害剤 atazanavirおよび darunavirの血中レベルを上昇させる薬理作用増強剤であり、これによりこれら薬剤とHIV...

麻酔薬投与の自動装置

麻酔薬投与の自動装置 サイエンスフィクションっぽく聞こえるかもしれませんが、昏睡状態の患者の脳活動をモニターするだけでなく、薬剤を自動的に調整および投与して適切な状態を保つコンピューターシステムが、MITによって開発されました。 外傷性脳損傷( traumatic...

ピルフェニドン(突発性肺繊維症)のNDA再提出

InterMune社は5月27日、2010年5月に受理したComplete Response Letter (CRL)への対応として、ピルフェニドンpirfenidoneのNDAを再提出したと発表しました。ピルフェニドンは突発性肺繊維症 idiopathic...

Gilead社がLedipasvir/Sofosbuvir混合薬のFDA優先審査指定を発表

Gilead Sciences社は7日、遺伝子Ⅰ型の慢性C型肝炎ウイルス感染症の成人患者を対象としたNS5A阻害薬ledipasvir (LDV)90mgと核酸アナログ・ポリメラーゼ阻害薬sofosbuvir (SOF)400mgの週1回投与型混合薬に関して、FDAから優先...

虚血性脳卒中:発症から組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)静注間『OTT』が短いほどリスク低下

突発性の虚血性脳卒中発症と組織プラスミノーゲンアクチベータ投与開始間の時間(OTT)と、投与後の身体状況との相関関係が分析された結果、OTTが短くなると、症候性の頭蓋内出血のリスクと院内死亡率が低下し、さらに歩行を再開したり自宅で療養したりできる可能性が上昇することが示され...