人工咽頭の移植に成功:ProTip社とStrasbourg大学病院

咽頭部機能障害の患者を対象とした革新的な医療機器の開発会社であるProTip SASと、Strasbourg大学病院は、患者に対する人工咽頭(artificial larynx)の移植に成功したことを発表しました。 2012年6月、Strasbourg大学病院ENT部のCh...

Monad:乳癌の転移能を抑えるタンパク質のお母さん(遺伝子)

転移性乳癌細胞の活動を抑制する遺伝子が同定されました。同遺伝子を体内で増幅する医薬が開発されれば、癌の悪化や転移を制御できる可能性があります。 日本人女性に生じる癌では乳癌が最も多いです。乳腺で形成された癌細胞が転移能を有すると、乳腺を覆う膜を破壊して血中やリンパ液に入り込...

GPR30は低い生存率の新規指標であり、細胞の遊走と浸潤、および転移に関与

細胞遊走は高度に統合された多段階プロセスであり、多細胞器官の発達と維持において中心的な役割を果たしている。たとえば傷害後の組織修復や胚発生に伴う形態形成においては、特定位置への細胞移動を正確に行う必要がある[69]。癌細胞の遊走は浸潤(隣接組織への指示、隣接組織の破壊)や時...

GPR30は有望な治療標的

乳癌は女性に最も多い悪性腫瘍であるため(癌発症件数の23%)、世界的に重大な健康問題となっている[73]。エストロゲンはER(+)患者の約3分の2で乳癌の進行を促進するため[74、75]、タモキシフェンなどの選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)の中には、既知のERへの...

自殺願望の強さを示す『SAT1バイオマーカー』

ジャーナル誌Molecular Psychiatryに掲載されたある研究で、3年以上に及ぶコホート試験に参加した双極性障害(bipolar disorder)の男性患者が分析されました。 Indiana University School of...

to-BBB社が2B3-101(脳腫瘍治療薬)の第Ⅰ相臨床試験を完了

脳を対象とした薬剤の供給会社であるto-BBB社が、脳腫瘍患者に対する2B3-101の第Ⅰ相臨床試験を成功させ、臨床的に有効な投与量に達したことを発表しました。同社は現在、早期第Ⅱ相試験に進む段階にあり、ここでは乳癌や小細胞肺がん(small cell lung...