• 平井 将秀

alkori:ROS-1陽性腫瘍への治療薬として認可

ROS-1陽性腫瘍を呈する患者へのXalkori投与の安全性と有効性の評価は、ROS-1陽性転移性NSCLC を呈する患者50名を対象とした単一群試験single-arm studyで行われた。肺の癌腫瘍に対する同薬剤の効果を測定するため、患者は1日2回同薬を服用した。この試験では全奏効率overall response rateと、腫瘍の完全な縮小または部分的な縮小を示した患者の割合を確認した。その結果、被験者の66パーセントでNSCLC腫瘍が完全に縮小または部分的に縮小した。この効果は平均で18.3ヵ月持続した。

安全性に関する本試験の結果は、ALK陽性転移性NSCLCの患者1669人を対象に得られた安全性プロファイルと一貫していた。

同薬の一般的な副作用は、視覚障害vision disorders, 吐き気、下痢、腫脹、便秘、肝障害、疲労感、食欲低下、上気道感染upper respiratory infection 、めまいなどである。

所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.