• 平井 将秀

ツイッターがアラビア語を対象に新翻訳ツールのテストを開始


ツイッターが昨日、エジプトの著名人によるソーシャル・メディアのプラットフォーム利用をサポートするために新翻訳ツールのテストを開始しました。

マイクロソフトのBing検索エンジンによる新サービスは、ツイートを自動翻訳するものであり、反政府軍指導者Mohammed ElBaradeiや「アラブの春」の革命家Wael Ghonim、権力の座を追われたMohammed Morsiのアカウントに適用されました。

「ツイートのテキスト翻訳の実験の一環として、エジプトで最もフォローされるアカウントの一部を翻訳可能にした」とツイッターは述べています。

オンライン翻訳は特に新しいものではありませんが、ツイッターのプラットフォーム内のコンテンツを自動的に翻訳することは、国の崩壊をもたらす摩擦を劇的に減らすことができます。

この動きは、中東の政情不安におけるツイッターの遍在的存在を強化する狙いもあるようです。

ツイッターは世界中でその利用者を爆発的に増加させていますが、アクセスへのプロセスをより簡単にするために、解任劇なので注目されるエジプトを対象に、同国で有名なアカウントのツイートを、英語をはじめ様々な言語に翻訳するプロジェクトを開始したのです。

ツイートのコンテンツを翻訳するプロジェクトの一環として、世界中の注目を集めているエジプトのアカウントを翻訳可能にしました。これにより、国家間における一般国民レベルの相互理解が深まるかもしれません。このようなサービスは日中関係修復にも貢献できると思います。

政変に関与する有力者のほとんどはアラビア語でツイートするため、同語を読めない人にとっては情報を知ることが困難でした。実際に、政府に対してモルシ氏が公表した抗議のツイートはアラビア語でした。

このプロジェクトはツイートの総合的かつ継続的な翻訳を実現するためのものです。ツイッターはすでに特定のユーザーに対してBingの翻訳機能サービスの提供を開始しています。


所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.