• 平井 将秀

Zurampic:痛風の新薬


FDAは本日、痛風goutに関連した高尿酸血症hyperuricemiaの治療薬としてZurampic(lesinurad)を承認しました。尿酸の生成production of uric acid を抑制する薬剤として承認されたキサンチン・オキシダーゼ阻害薬xanthine oxidase inhibitorとの併用投与で用いられます。痛風は体内における尿酸の大量生成によって生じる関節炎の一種です。尿酸は主に、血中で分解した後に腎臓を通過し、尿として体外へ排出されます。尿酸が血中で増加した状態が高尿酸血症です。体内で尿酸が増えすぎたために、腎臓で尿酸を十分に分解できなかったり、プリン体を多く含む食品を大量摂取した場合に生じます。

高尿酸血症を管理することが、痛風の長期治療で重要となります。Zurapicは痛風を発症する可能性のある多くの人々にとって新たな治療選択肢となるでしょう。

Zurampicは腎臓による尿酸排出を促進させます。腎臓における尿酸の再吸収に関連した輸送タンパク質transporter proteinの機能を阻害することでこの効果は発揮されます。

Zurampicの安全性と効果は、3件の無作為化プラセボ対照試験において、XOIとの併用で1537名の患者を対象に12ヶ月間追跡されました。XOIとZurampicの併用投与を受けた患者では、プラセボ群の場合に比べて血中尿酸値がより低下しました。

臨床試験で最も多く確認された副作用は頭痛、インフルエンザ、血中クレアチン増加、胃食道逆流症gastroesophageal reflux diseaseでした。

ZurampicはAstraZeneca Pharmaceuticals LPによって製造販売されます。


所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.