• 平井 将秀

ClarityIQテクノロジーのAlluraClarity(医療器材)に発売認可


フィリップス(英語正式名称:Royal Philips Electronics)社のClarityIQ(クラリティ・アイキュー)テクノロジーであるAlluraClarity(アルーラ・クラリティ)システムは、総合的な臨床診断法に必要とされる高画像を提供し、さらに低線量のX線であることから臨床医による放射線曝露管理を容易にします。

フィリップス社はAlluraClarityライブ画像ガイダンスシステムの「510(k)Clearance」(米国医療器材発売認可証)を得たことを発表しました。

低侵襲医療分野における第一線の臨床医と連携したフィリップス社は、50年以上にわたって画像診断機器の技術革新を後押しし、冠状動脈閉塞(obstructed coronary arteries)、脳動脈瘤(brain aneurysms)、心拍障害(heart rhythm disorders)、心臓弁膜症(defective heart valves)の治療プロセスの改善に貢献してきました。

強力なClarityIQテクノロジーを有するフィリップス社製AlluraClarityシステムは、総合的な診断プロセスで必要とされる高度のイメージング(画像化)を低線量のX線で実現します。現代の病院や医療制度が直面しているコスト圧力に対抗するため、ClarityIQテクノロジーは従来のX線システムのアップグレードとしても利用可能です。

負担の大きい外科手術から、低侵襲の画像診断に基づく治療への移行は、世界中で加速する医療提供システムの変革を示しています。


所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.