• 平井 将秀

北京で開催された翻訳&通訳大会


北京で言語文化大学が第3回国際翻訳通訳大会を主催しました。今年は10以上の国や地域から出場者が集まりました。

脚光を浴びることの少ない話し手にスポットライトを当てたこの大会では、6人の若者が北京の最終リーグにまで登りつめました。総出場者は1000人以上であり、北京大会までの3か月間で激しいバトルが繰り広げられました。

特定の出場者にとって、この大会はキャリアアップのための重要なステップに違いないでしょう。

Nicholas Lawにとってこの大会は自分の出発点に戻る旅でもありました。Lawはカナダ出身であり、北京で勉強期間はたったの4年です。しかし、彼は今、中国語と英語の翻訳大会の最終リーグに立っています。

2011年に始まった国際翻訳通訳大会は今、世界中の企業人から広く認識されています。そして企業家は今年の出場者に多くの期待を寄せています。

北京外国語大学出身のPan Yunが優勝しました。しかしこの大会に敗者はいません。中国は開放と改革を推し進めていることから、今回の出場者は将来、より大きなステージで自分たちの能力を発揮する機会を得られるでしょう。

関連ニュース

Facebookは本日、数週間のうちに公開予定のアンドロイドとiOSを対象とした同社の主要アプリにおける新たなオプション『Nearby Friends』を開始しました。

詳しい説明の前に、FacebookのどこからNearby Friendsにアクセスできるのかを知ることが重要です。


所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.