• 平井 将秀

2014~2020年の世界的な言語翻訳ソフトウェアのマーケットシェアと戦略、展望


最終的に収集された情報のローカライズをサポートするため、言語翻訳ソフトウェアシステムが導入されていることから、世界市場は継続的な成長を遂げる態勢にあります。

エンタープライズサーバーは画期的な出来事の後に念願の目標を達成しました。言語翻訳ソフトウェア技術が成熟したことにより、以前は不可能であった包括的なソリューションが利用可能になりました。

包括的なソリューションでは法則ベースの統計学的機械翻訳の最適な特性を活用します。これらの統合システムは、企業規模の翻訳ニーズを完全に満たすことができます。

システムは、ハイブリッドの機械翻訳エンジンを備えています。

IT 企業レベルの機械翻訳では、ハイブリッドソリューションを達成するために法則システムと統計システムを一体化させています。

ソフトウェア実装とエンジンの訓練に必要なリソースの複雑性により、これらは“ブラックボックス・ソリューション”と呼ばれています。

ソフトウェアの反復的なリリースが生じており、これはエグゼクティブが成し遂げたい目標を示しています。

ソフトウェアの繰り返しリリースは、大規模な供給業者による包装の特徴・機能の強化を可能にし、これにより大企業が中小企業と競合できるようになります。ソフトウェアの繰り返しリリースという課題に対処できるかどうかは、機敏なソフトウェア開発の環境を得られるかどうかにかかっています。

言語翻訳は、製品や会社に関するコメントや社会メディア情報を採掘するための大量データを対象に使用されます。このデータはマーケティング関連の判断に利用可能です。

言語翻訳は、何かを発見するために用いられる必要があります。


所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.