• 平井 将秀

抗鬱剤のセレクサとレクサプロが不整脈に関連


TUESDAY Jan. 29, 2013 -- People taking certain antidepressants, including Celexa and Lexapro, may have a slightly increased risk of developing an abnormal heart beat.

2013年1月29日火曜日―Celexa(セレクサ)やLexapro(レクサプロ;米国製薬会社フォレスト・ファーマスティカル製抗うつ剤)などの抗うつ薬服用患者では、不整脈の発生リスクがわずかに高まることがある。

Researchers say the drugs, which are in a class of medications called selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs), may extend the length of electrical activity in the heart, called a QT interval. A long QT interval is an indicator of abnormal heart rhythms.

研究者によると、選択的セロトニン再取り込阻害薬(SSRI)と呼ばれる薬剤クラスの薬物は、心臓の電気的活動の長さ、通称「QT間隔」を延長させることがある。QT間隔延長は異常な心拍リズムの指標。

"For people who are taking higher doses of citalopram (Celexa) or escitalopram (Lexapro), they should discuss these doses with their doctors," said lead researcher Dr. Roy Perlis, director of the Center for Experimental Drugs and Diagnostics in the psychiatry department at Massachusetts General Hospital in Boston.

「高用量のシタロプラム(セレクサ)やエスシタロプラム(レクサプロ)を服用している患者は、その用量について医師と話し合う必要がある」と、ボストンのマサチューセッツ中央病院精神科実験的薬剤および診断センターのRoy Perlis研究長は話している。

The report was published in the Jan. 29 online edition of the journal BMJ.

この報告書はBMJジャーナルの1月29日のオンライン版で公表された。

Doctors use an electrocardiogram (ECG) to measure the QT interval. The interval varies with heart rate, lengthening when the heart beats slower and shortening when the heart beats faster.

医師は心電図(ECG)を用いてQT間隔を測定する。この間隔は心拍数に伴い変化し、拍動が遅くなれば長く、拍動が速くされば短くなる。

The normal QT interval for men is less than 420 milliseconds and for women it is less than 440 milliseconds. When the timing gets longer, the risk for abnormal heart rhythms increases, the researchers noted.

男性の正常QT間隔は420ミリ秒以下であり、女性では440ミリ秒以下である。タイミングが長くなれば異常な拍動リズムのリスクが上昇すると、研究員は話している。

The U.S. Food and Drug Administration warned recently that Celexa and drugs like it could cause this problem.

米国食品医薬品局は最近になって、セレクサとその類似薬剤がこの障害を引き起こすと警告した


所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.