「AIサムライ」浅草駅に見参 甲冑姿で観光案内

“AI-SAMURAI” Spotted at Asakusa Station - A Tourist Guide in Shining Armor

 

甲冑姿のマネキンが外国人観光客の質問に答える――その名も「AI-SAMURAI」が、東武浅草駅に登場する。

A mannequin dressed in samurai armor answers tourist’s questions! AI-SAMURAI debuts at Tobu Asakusa Station.

 

 

甲冑姿のマネキンが外国人観光客の質問に答える――その名も「AI-SAMURAI」が、東武浅草駅に7月25日から登場する。英語・日本語音声で質問すると、“サムライ”が音声で回答。凸版印刷と東武鉄道が共同で、実証実験として展開する。8月24日まで。

A mannequin dressed in samurai armor answers tourist’s questions! AI-SAMURAI debuts at Tobu Asakusa Station on July 25th. Questions spoken in English or Japanese will receive an answer voiced by the samurai. This experimental attraction, a joint project by Toppan Printing and Tobu Railway, is available until August 24th.

 

 

 甲冑を着たマネキンにスピーカーを内蔵し、隣にディスプレイを設置。英語・日本語の音声で話しかけられた内容を分析し、英語・日本語音声で回答するほか、関連情報をディスプレイに表示する。

 The armored mannequin features an internal speaker, and a display screen nearby. It analyzes the content of English and Japanese speech then replies in English and Japanese, as well as displaying related information on the screen.

 

 浅草駅構内や周辺施設の案内、ディスカウントパスの案内、簡単なあいさつなどに対応。AIが対応できない質問には、バックオフィスのオペレーターが遠隔で対応する。

 The system provides guidance about the Asakusa Station building, attractions in the surrounding area, discount passes and even responds to simple conversation. Questions that cannot be handled by the AI system can be answered remotely by an operator in the company office.

 

 

 AIベンチャー・Nextremerの対話システム「minarai」を搭載した「AI-SAMURAI」を共同開発。外国人にも親しみのある「サムライ」の姿で興味を喚起し、顧客接点を創出するとしている。

 AI-SAMURAI is a joint development featuring the “minarai” system made by Nextremer, an AI venture company. The friendly samurai design is intended to catch the attention of foreign tourists and reach out to clients.

​<前    次>

所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.