​英訳サンプル 3 

USBポートにWiFiアダプタを接続し、スマートフォン用のモバイルバッテリーから電源を取るように配線を変更しました。
Connecting the WiFi adapter to the USB port, we switched up the wires so that it takes power from the smartphone mobile battery.

充電が切れるまでという時間制限はありますが、好きなところに持ち運んでもOK!
Now this does have a time limit, untill the power runs out, but it's okay to bring this anywhere you like!

 

 

ラズベリーパイとWindowsマシン、それぞれのディスプレイ・キーボード・マウスを2つずつ使っていて、どれが何のコードか分からなくなったり(笑)、コード同士が絡まったりと、接続機器にはいつも悩まされていたので、1つにまとめることができてとても便利になりました!ネットワークさえ安定していれば、リモート操作でも支障なく使っていけそうです。
Using each of the displays, keyboards, and mouses on Raspberry Pi and Windows machines, I lost track of which cord belonged to which (lol), and when the cords got tangled up in each other, I was always trying to figure out which was connected to what, and so it's really handy that I can round them all up into one! If your network is safe, you can operate remotely without a hitch.

 

 

バッテリー駆動のラズベリーパイは、消費電力の多い工作には不向きかもしれませんが、実際に使ってみて不都合を感じることはありませんでした。
The battery-driven Raspberry Pi might not be the best choice for devices that consume a lot of power, but when I used it for myself I didn't feel that it was a problem.
 

毎回IPアドレスを調べる手間を省くために、IPアドレスを固定しておくという方法もありますが、もっと便利にしてくれるのが「avahi-daemon」パッケージです!

To save the trouble of searching for an IP address every time, there's a way to fix your IP address, but an even more convenient way to do it is with the 'avahi-daemon' package!

毎回IPアドレスを調べる手間を省くために、IPアドレスを固定しておくという方法もありますが、もっと便利にしてくれるのが「avahi-daemon」パッケージです!

To save the trouble of searching for an IP address every time, there's a way to fix your IP address, but an even more convenient way to do it is with the 'avahi-daemon' package!

こちらのUSBハブは、データ転送用のUSBポートが3つと、さらに電源供給用のUSBポートが1つあります。

This USB hub has three ports for data transfer and also has another USB port for power charging.

 

 


こんなにすっきり!いつもコードが絡まって困っていたのですが、これで解消されそうです!

Look at how it cuts down on cords! Cords are always tangling and getting in the way, so this will solve the problem!

 

 


解凍すると、中身はイメージファイル1つとなっているので、Win32DiskImagerなどのソフトを使ってSDカードに書き込みます。

When you unzip the file you'll find a single image file inside, which you can write to an SD card with programs like Win32 Disk Imager.

 

 


やり方は前回の記事を参考にしてくださいね。

We've covered how to do that in the previous article, so please look that up.

 

 


環境にもよると思いますので、接続が不安定な場合は、LANアダプタの使用がオススメです。

It probably depends on machine environment as well, so if you're not so sure about the stability of your connection we recommend using a LAN adapter.


見た目の違いは、LANポートがない!そしてUSBポートが1つ!
As far as difference in appearance goes, there's no LAN port! And just one USB port!


そして、いつものようにディスプレイを接続してデスクトップ環境を使用するには、マウスとキーボードも必要ですね。

And, just like always, when connecting to a display to work in a desktop environment, you need a mouse and a keyboard.

インストール後、一度再起動して、リモートデスクトップを終了します。

After installation, restart your computer once, and close out Remote Desktop.



Windows側には「Bonjour」というソフトが必要です。こちらは別途インストールする必要があります。

On the Windows side, you'll need a software called Bonjour. This will require a separate installation. 

 

 

一番簡単に、最新のWindows用「Bonjour」を入手する方法は、「iTunes」をインストールすることだそうです。詳しい内容はこちらのページで紹介されています。
The easiest way to install the newest version of Bonjour for Windows is to install iTunes. For more details, check this other page.

再起動コマンドの実行後は、「Tera Term」のウィンドウは閉じられてしまいます。
After executing the reboot command, the Tera Term window will be closed.

「リモートデスクトップ接続」も、「Tera Term」と同じように、接続先とログイン情報を入力すると接続できます。

The Remote Desktop Connection, just like Tera Term, will connect after you enter your access point and login information.

 

 

こちらはログイン画面。「Module」欄はデフォルトの「sesman-Xvnc」のままでOKです。

This is the login screen. For the Module column, you can leave it as the default value sesman-Xvnc.

 

ログインすると、ラズベリーパイのデスクトップ画面が表示されました!

When you log in, your desktop on Raspberry Pi will be displayed!

 

 

使い慣れたデスクトップ画面があると使いやすいですね!

It's easy to use a desktop that you're already used to, isn't it?

所在地

​埼玉県川口市芝下2-28-29

©  Hirai Translation, Inc.